技術開発局 あこん

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

応募者名 日立造船 株 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所                 港湾空港技術研究所 技術開発者 日立造船 株 国立研究開発法人  海上・港湾・航空技術研究所   港湾空港技術研究所 森井 俊明 木村 雄一郎 下迫 健一郎 共同開発者 早稲田大学 教授 清宮 理 京都大学 教授 間瀬 肇 国土交通省 四国地方整備局 小松島港湾・空港整備事務所 国土交通省 四国地方整備局 高松港湾空港技術調査事務所.

応募者名 東京大学大学院 教授 石原 孟  三菱重工業 株 技術開発者 東京大学大学院 教授 三菱重工業 株 清水建設 株 石原 孟 小松 正夫 白枝 哲次 共同開発者 清水建設 株 新日鉄住金エンジニアリング 株. 未来材料として期待の高いグラフェン等の活用に向けて、合成方法、剥離方法、フィルム化、物性計測、応用等の検討が進められておりますが、一組織だけでは乗り越えらない共通の基盤的、技術的、経済的課題が山積みとなっており、それらの課題を世界に先駆けて克服するため、グラフェンに興味を持っている企業、研究機関、及び行政・支援機関の連携が必須となっています。そこで多くの分野・業種のものづくりの英知を結集し、オープンイノベーション思想の下、グラフェンおよびそれに関連する材料やナノシートの開発及びそれらの実用化や付加価値づくりを加速・実現したいと願っており、その情報交換や連携構築の場の提供を目的とする。 グラフェンコンソーシアムwebサイト.

本協議会では、Photo-BIO OILにおける研究開発についての情報提供、技術移転を行うととともに、共同研究の促進、および会員の連携によるプロジェクト提案を行い、高度フォトニクス技術にもとづくバイオセンシング技術の社会実装を推進することを目的とする。. 分野から探す 河川分野 業務研究成果 自主研究成果 ソフトウェア 道路分野 業務研究成果 自主研究成果 都市分野 シオン戦 自主研究成果 技術関連分野 業務研究成果 自主研究成果. 本コンソーシアムでは、電気関連量の精密計測に関する技術の情報交換及び利用促進を行い、産学官の連携を通して関連産業の発展に資するとともに研究成果を 広く社会に普及することを目的とする。 精密電気計測コンソーシアムwebサイト. 応募者名 株 竹中工務店 鹿島建設 株 技術開発者 株 竹中工務店 鹿島建設 株 東京工業大学 教授 青木雅路 坂田昇 坂井悦郎 共同開発者 東京工業大学 教授 坂井悦郎 日鉄住金高炉セメント 株 株 デイ・シイ 太平洋セメント 株 日鉄住金セメント 株 竹本油脂 株.

本コンソーシアムは、高電力効率大規模データ処理の実用化を目指す企業等が社会・産業ニーズの変化と技術動向を踏まえたロードマップを議論し共有する場を提供することを通じて、エネルギーに制約されずにデータを利活用できる社会の実現を先導することを目的とする。 IMPULSEコンソーシアムwebサイト. 本会は、光学式非接触三次元測定機の精度評価に関連する情報の共通認識化を図りつつ、その標準化を産学官が連携して推進する体制を構築し、研究成果を広く社会に普及することを目的とする。 光学式非接触三次元測定機精度評価法標準化コンソーシアムwebサイト.

SUREweb? web. web. [] [ ].

kubozuka nittoc. 応募者名 日特建設 株 技術開発者 日特建設 株 池田 淳 窪塚大輔. 本コンソーシアムは、構造接着技術の確立のための接着界面の分析技術、接着剤の開発、接合部の強度評価および耐久性予測技術、接着・接合のための金属やプラスチックの表面処置技術、 並びに接合部の検査技術、また、接着剤が関わる様々な産業技術のさらなる醸成のため、多岐にわたる技術開発の統合を見据えた接着拠点の整備を行うとともに、さらに接着・接合技術に関する 国際標準化において我が国がイニシアティブをとることを目的とする。 接着・接合技術コンソーシアムwebサイト.

ABOUT EJEC

maseki sakura. 本コンソーシアムは、構造接着技術の確立のための接着界面の分析技術、接着剤の開発、接合部の強度評価および耐久性予測技術、接着・接合のための金属やプラスチックの表面処置技術、 並びに接合部の検査技術、また、接着剤が関わる様々な産業技術のさらなる醸成のため、多岐にわたる技術開発の統合を見据えた接着拠点の整備を行うとともに、さらに接着・接合技術に関する 国際標準化において我が国がイニシアティブをとることを目的とする。 接着・接合技術コンソーシアムwebサイト. 写真中:中村英夫 選考委員会委員長 写真右:東野雅彦 [ 株 竹中工務店] 写真左:青木雅路 [ 株 竹中工務店]. 第18回 最優秀賞・優秀賞・入賞・創意開発技術賞 画像をクリックすると、第18回の表彰技術概要がご覧になれます。. 地質調査総合センターの持つ地質の調査に関わる技術を伝承し、広く普及・定着させることにより、資源、防災、環境、地域振興等、幅広く社会に貢献することを目的として、産総研 地質調査総合センター 研究戦略部に、本コンソーシアム(英語名:Consortium for tl ネタ 恋愛 resources development of geology)を設置する。 地質人材育成コンソーシアム運営会則(年12月13日まで) 地質人材育成コンソーシアム運営会則(年12月14日より).

写真中:中村英夫 選考委員会委員長 写真右:伊藤泰司 [鉄建建設 株 ] 写真左:池本宏文 [東日本旅客鉄道 株 ]. 未来材料として期待の高いグラフェン等の活用に向けて、合成方法、剥離方法、フィルム化、物性計測、応用等の検討が進められておりますが、一組織だけでは乗り越えらない共通の基盤的、技術的、経済的課題が山積みとなっており、それらの課題を世界に先駆けて克服するため、グラフェンに興味を持っている企業、研究機関、及び行政・支援機関の連携が必須となっています。そこで多くの分野・業種のものづくりの英知を結集し、オープンイノベーション思想の下、グラフェンおよびそれに関連する材料やナノシートの開発及びそれらの実用化や付加価値づくりを加速・実現したいと願っており、その情報交換や連携構築の場の提供を目的とする。 グラフェンコンソーシアムwebサイト.

  • 青木雅路 坂田昇 坂井悦郎.
  • 本研究会は、国際的な技術開発が展開されている、組織工学を含む医療機器技術の開発、評価及び事業化に関する情報提供及び意見交換等を行い、もって産学官連携の促進し関連産業の発展に資することを目的とする。 医療機器レギュラトリーサイエンス研究会webサイト.

Texture Has Function Web.                           食激のソーマネタバレ      テリブル 意味.                                    .   . 技術開発局 あこん. web.

NETIS( 新技術情報提供システム) 利用上の注意事項

産総研が提案する戦略的都市鉱山の社会導入を加速するため、高度なリサイクルのための情報集積・交換、社会システム等の検討等を行い、もって産学官連携を推進し、関連産業の発展に資することを目的とする。 SUREコンソーシアムwebサイト. takayoshi obayashi. 写真右:石井啓一 国土交通大臣 写真左:瀬戸口 剛 [北海道大学大学院]. 本会は、デジタルヒューマン技術に関連する情報の共通認識化を図りつつ、デジタルヒューマン技術の研究開発を産業界、学界、公的研究機関等の関係者が連携して推進する体制を構築し、必要と認めるときは別途共同研究契約、受託研究契約等を締結し、標準化活動や公表等を通じてデジタルヒューマン技術の研究開発の成果を社会に普及することを目的とする。 デジタルヒューマン技術協議会webサイト.

web.   . XCT web. web? web.

ピックアップコンテンツ

応募者名 ジェコス 株 技術開発者 ジェコス 株 岩﨑 伸一. 応募者名 株 大林組 技術開発者 株 大林組 平田 隆祥 石関 嘉一  共同開発者 宇部興産 株. ヒャダイン 国土交通大臣 写真右:中森保 [日特建設 株 ] 写真左:池田淳 [日特建設 株 ]. 本研究会は、国際的な技術開発が展開されている、組織工学を含む医療機器技術の開発、評価及び事業化に関する情報提供及び意見交換等を行い、もって産学官連携の促進し関連産業の発展に資することを目的とする。 医療機器レギュラトリーサイエンス研究会webサイト. 未来材料として期待の高いグラフェン等の活用に向けて、合成方法、剥離方法、フィルム化、物性計測、応用等の検討が進められておりますが、一組織だけでは乗り越えらない共通の基盤的、技術的、経済的課題が山積みとなっており、それらの課題を世界に先駆けて克服するため、グラフェンに興味を持っている企業、研究機関、及び行政・支援機関の連携が必須となっています。そこで多くの分野・業種のものづくりの英知を結集し、オープンイノベーション思想の下、グラフェンおよびそれに関連する材料やナノシートの開発及びそれらの実用化や付加価値づくりを加速・実現したいと願っており、その情報交換や連携構築の場の提供を目的とする。 グラフェンコンソーシアムwebサイト.

平田 隆祥 石関 嘉一 .

. [ ] [ ]. SiSiSiSiSiSi Web.    . SUREweb! [] [ 技術開発局 あこん. 18 18.

NEWS RELEASE

本コンソーシアムは、シリコンフォトニクス技術(以下「Siフォト技術」という。)を活用した光コンポーネントの実用化を担う各研究開発主体、事業主体、また、Siフォト技術の実用化に必要な様々な周辺サポート事業・技術を担う各研究開発主体、事業主体の間において、さらには、データーセンター事業者、データーセンター間の光通信事業を担うキャリア事業者、光通信装置の製造を行う装置ベンダーなどの需要サイドとの間において、Siフォト技術の研究開発、特に産総研の有するスーパークリーンルームを用いたSiフォト技術の研究開発利用に関する関係者相互の情報共有、意見交換、共同研究開発の提案、さらにはSiフォト技術を活用した光コンポーネントの事業化に向けた周辺サポート事業・技術に関する関係者相互の情報共有、意見交換、種々の提案等を行うことにより、Siフォト技術を用いた光通信用コンポーネントの新規研究開発を促進し、日本の光通信用コンポーネントの国際競争力を強化することを目的とする。 シリコンフォトニクスコンソーシアムWebサイト.

本コンソーシアムは、企業・大学・研究機関の技術交流の場を提供することにより、人工知能技術に関連する情報の共通認識形成を図り、人工知能技術全般の一層の 技術向上及び普及を促進することを目的とする。 人工知能技術コンソーシアムwebサイト. 森井 浮気の恋 木村 雄一郎 下迫 健一郎.

new. web. AISTweb.

  • Ryoko 30.08.2021 20:28

    未来材料として期待の高いグラフェン等の活用に向けて、合成方法、剥離方法、フィルム化、物性計測、応用等の検討が進められておりますが、一組織だけでは乗り越えらない共通の基盤的、技術的、経済的課題が山積みとなっており、それらの課題を世界に先駆けて克服するため、グラフェンに興味を持っている企業、研究機関、及び行政・支援機関の連携が必須となっています。そこで多くの分野・業種のものづくりの英知を結集し、オープンイノベーション思想の下、グラフェンおよびそれに関連する材料やナノシートの開発及びそれらの実用化や付加価値づくりを加速・実現したいと願っており、その情報交換や連携構築の場の提供を目的とする。 グラフェンコンソーシアムwebサイト. 欄木龍大 木村雄一.